隙間や角もしっかりと研磨! マルチサンダーの選び方と使い方

投稿者:

マルチサンダーはアイロンのような形をした電動サンダー。その形状を利用してコーナーや隙間などの研磨に特化したオービタルサンダーの一種。小型でも扱いやすく小さなもの、複雑な形状の作品つくりには欠かせない電動サンダーだ。

1.マルチサンダーとは
2.各部紹介
3.マルチサンダーの集塵機能とは
4.マルチサンダーの使い方
まとめ

1.マルチサンダーとは
電動サンダーとはその名の通りサンディングのための電動工具だ。サンディングとは、サンドペーパー(紙やすり)や布ペーパー(布やすり)を使い研磨をすることで。その作業を効率化してくれるのが電動サンダーなのだ。サンディングは手作業でも行えるが、大きな材料の作業には手間がかかり、また広い面積をむらなくサンディグすることも簡単ではない。しかし、電動サンダーがあれば、そんな面倒な作業も効率よく正確に行うことができる。
そんな便利な電動サンダーだがその種類にはいくつかのタイプがある。その一つがマルチサンダーだ。マルチサンダーは、他の名前、マウスサンダーやデルタサンダー、コーナーサンダーなどとも呼ばれているが、どれも機能や用途は基本的には同じものだ。
底面のサンディングプレートにサンドペーパーを取り付け、モーターで振動をおこし木材や金属などを研磨するという点では他のサンダーと同じだが、マルチサンダーはサンディングプレート(サンディングペーパーを取り付ける部分)がアイロンのような形状をしており、先端がとがっているのが大きな特徴となっている。
そして、比較手小型で扱いやすく、尖ったパッドの先端を使って細かな部分や隙間、箱などの隅など他のサンダーでは研磨が難しい場所もスムーズに研磨作業や平面の研磨ができる。またオービタルサンダーと同じ偏心運動で研摩するので研磨力も比較的高く、家具などの塗装はがしなどにもその先端の形状から隙間などにも届くため使いやすいとされている。
大きな面積を一気に研磨するのには向いていないが、オービタルサンダーなどを併せてそろえておくと様々なシーンで活躍してくれるのは間違いない。

2.各部紹介

①スイッチ/電源のONとOFFを切り替える。
②サンディングプレート/この部分に研磨用のサンドペーパーや布ペーパーを取り付ける。
③サンディングペーパー/専用のサンディングペーパーを取り付ける。
④集塵バッグ/粉じんをサンディングプレートの表面から吸い込み、飛散しないようにこの中に集める。フィルターを内蔵し取り外せば簡単に粉じんを捨てられる。
⑤グリップ/この部分を手で握る。

3.マルチサンダーの集塵機能とは
木材などをサンダーで研磨すると、おがくずなどの細かな粉じんが大量に発生する。この粉じんは吸い込むと人体に悪影響を与える可能性があるので注意が必要だ。どのタイプの電動サンダーにも粉じんを吸い込む吸じん機能(細かいごみを吸い込む機能)が備わっている。

この穴から粉じんを吸い込みダストボックスの中に集める。

この吸じん機能には主に、本体と外部の集塵機をホースで接続するタイプと、本体自体に吸じん機能とダストボックスやダストバッグを搭載し、本体のみで粉じんを集塵するというタイプがある。
集塵機とホースで接続するタイプは安価なものに多く、本体とは別に集塵機が必要となる。しかし、本体にダストバッグやボックスなどを搭載したタイプなら、別途集塵機が不要な上、取りまわしやすく扱いも簡単だ。さらにフィルター内蔵なら、排気もクリーンでサンディング作業中も快適に作業が行える。
しかし、電動サンダーの中には吸じん機能自体が装備されていないものもあり、また、内蔵タイプでも吸じん機能自体もそれほど強力でない場合も少なくない。そのため作業終了後には、必ず粉じんの後片付けを行う必要があるだろう。

4.マルチサンダーの使い方
マルチサンダーはサンディングプレート部分が、アイロンのような三角形をした小型の電動サンダーでサンディングペーパーの先端が尖っているのが特徴だ。そのため使用するサンディングペーパーには専用のものが必要となる。

サンディングプレートに合う専用のサンディングペーパーが必要。

専用のサンディングペーパーの先端部分は特に使用頻度が高くなるので、この部分だけ交換できる予備のサンディングペーパーなども用意されている。取り付け方は非常に簡単でサンディングプレートが面ファスナーになっているのでそのまま貼り付けるだけで固定が可能だ。

面ファスナーによって貼り付けるだけで固定される。吸じん用の穴とずれないように注意。

一度貼り付けると簡単には剥がれずそのアイロンのようなサンディングペーパーの形状を使うことで、板材などを組み合わせた角や隙間、細かな部分の仕上げなどもスムーズに行うことが可能だ。また、小型軽量なので片手でも扱うことができる。バリ取りや角の面取りといった細かな部分の仕上げなどにも便利。

軽く扱いやすいのも特徴の一つ。
アイロンのように先端がとがっているので隙間や隅なども研磨することが可能。

また、マルチサンダーでも、もちろん平面を磨くことも可能だ。取り付けるサンディングペーパーの面積が小さいため、一度に研磨できる面積も相応に小さくなってしまうが、オービタルサンダーと同じ偏心運動で研摩するので、研磨力も比較的高い。そのため家具などの塗装はがしなどにも使いやすいだろう。それ以外にも他の電動サンダーに比べると比較的軽量で、扱いやすいため様々な用途で活躍してくれるはずだ。

まとめ
DIYの木工作業ではサンディング(研磨)は欠かせない作業だ。しかしサンドペーパーを使った手作業では非常に手間がかかり、細かな部分の研磨は簡単ではない。しかし、マルチサンダーがあれば複雑な形状の作品でも細部まで研磨が可能で理想的な仕上がりを手に入れることができるだろう。作業の効率化も図れるのでオービタルサンダーの次はマルチサンダーを是非手に入れておきたい。作品作りの幅も広くなること間違いなしだ。