セメント小物の作り方

セメント小物の作り方

投稿者:

身近にあるものを型にして、あれこれ作ろう

●材料

インスタントセメント(速乾タイプ、白色タイプ)

セメント小物の作り方

飲料用紙パック、ケーキの焼型、麻袋、ペットボトル(500cc)、紙コップ、小石な
どの重し、丸棒(鉛筆より少し太いもの)

■道具

へら、はさみ、カッター、サンドペーパー(400番程度)

1.ミニプランターをつくる

表記に従って、適量の水を加えてセメントを練る。少しゆるいほうが流しこみやすい

セメント小物の作り方

つくりたい大きさを決めて紙パックに線を引き、はさみでカットする

セメント小物の作り方

紙パックの縁より2cmほど低いところまで、セメントを流しこむ

セメント小物の作り方

紙コップに重しの石を入れる。後でたせるので、あまり重くしすぎない

セメント小物の作り方

穴の深さを決めて紙コップに印をつけ、その深さまで沈ませる。紙コップが浮くようなら、石をたす

セメント小物の作り方

縁の近くまでセメントを入れ、すき間ができないようにへらでつつく

セメント小物の作り方

セメントの表面をへらで平らにならし、乾燥して硬化するのを待つ

セメント小物の作り方

さわっても崩れないほどに硬化したら、紙パックを破いてはずす

セメント小物の作り方

表面をサンドペーパーでこすって整えたら、ミニプランターの完成

セメント小物の作り方

ケーキの焼型などを使うと、長方形のプランターをつくることができる

セメント小物の作り方

2.麻袋でプランターをつくる

縫いしろのあとがセメントにつかないように、麻袋を裏返して使う

セメント小物の作り方

好みの大きさにセメントを流しこみ、袋の形を整えて紙コップを沈め、乾燥させる

セメント小物の作り方

3.鉛筆立てをつくる

白色タイプのセメントを、適量の水を加えながらへらで練る

セメント小物の作り方

5cm以上でつくりたい高さを決め、ペットボトルに線を引く。カッターでカットし、セメントを流し込む

セメント小物の作り方

同じ位置(3~4cmほど)に線を引いた丸棒を、深さをそろえて立て、乾燥させる

セメント小物の作り方