アドベントカレンダーLFボックス

最終更新日

このように、25個の箱があるので、とても大変そうに見えるかもしれませんが、自分を小さなサンタのワークショップにしてしまえば、大丈夫ですし、とても簡単です。そのために必要なものは、芝生の子鹿から出ている「タイニーギフトボックス」と呼ばれるもので、もちろん箱も付いていますが、小さなアクセサリーのような小さなパーツがすべて付いています。私たちが使おうとしているのは、円です。このボックスを25個切り取ると、8.5×11のカードストックが2枚できます。私がいつもやっているのは、8.5×11のカードを半分のサイズに切り取り、これとこれを一緒にして、同じタイミングで切り取ることです。これがあるからこそ、この型には小さな線が描かれているので、それに沿って箱を組み立てていくだけで、とても簡単にできますので、好きな色を選んでください。クリスマスだけでなく、友達の好きな色を使ってもいいし、日常の紙を使ってもいいでしょう。私はこの紙を選んだのですが、落書き帳のようなもので、リトルフォークとスイーツが描かれていますが、反対側はベーキングになっているので、どちらを使ってもいいのですが、私はこれにしました。

シェアする